太陽光発電コーフクのオフィシャルWEBサイトです。

全量買取10kw 50kw お任せ下さい!太陽光発電の安心工事は自社工事実績7,000件のコーフクまで。

toiawase.pngtoiawase.pngsitemap.pngsitemap.png

太陽光発電のコーフク

ssm_n.pngssm_n.pngreasons_n.pngreasons_n.pngcorp_n.pngcorp_n.pngkofukukk_logo_bk.png

HOME_0.pngHOME_0.pngsolar_0.pngsolar_0.pngjyuutaku_0.pngjyuutaku_0.pnggc_0.pnggc_0.pngam_0.pngam_0.pngns_0.pngns_0.pngw_0.pngw_0.png

“さあはじめましょう”
「土地活用」「屋根活用」

アパート、マンション、駐車場
工場、倉庫、遊休地、農地

今あるスペースを活用してさらに収益アップ

10kW以上50kW未満のシステムを小規模産業用システムと呼んでいます。
工場・倉庫・駐車場、建物の屋根や遊休地など、現在使用されていない空き地や
小さなスペースを有効活用して設置できるため、導入の可能性が広がります

daikoku_hikone.jpg

一般住宅と比べ大容量のシステムが導入可能!

アパート、マンション、工場や倉庫の場合、一般的な住宅と比べより多くのパネルを設置することができます。一般的な住宅の場合平均4KW程度のシステムが、アパートやマンションの広い屋根を利用することにより、7KW、8KWまたは、10KW以上のシステムが導入可能となり、より多くの発電量を確保できます。発電量を多く確保することにより、多くの余剰電力が発生し、費用対効果も高くなります。また、10KWを超えるシステムとなると「小規模産業用」(10KW以上50KW未満)となり、全量買取(発電した電力の全てを売ることができます。)さらに買取期間も20年に延長されます。

入居率の長期安定化が期待できます!

太陽光パネルを設置することにより設置面下部分の部屋の暑さを軽減させることができます。これは、パネルが光を吸収、遮断することによりパネル下の屋根の温度を下げる効果が得られます。暑さが原因で入居を断られてしまっていたという場合に改善が期待できます。また、各戸連系(発電した電力を各部屋ごと割当てて利用)で導入の場合、発電した電力を、入居者様が使用し余った電力は余剰電力として売電することにより入居者様に売電収入が得られるようになります。
オーナー様には話題の太陽光発電を導入したアパートとして入居者様から選らんでいただける、アパート・マンションとなり入居率の安定化が期待できます。

DSCF1171.jpg

ガレージ用ゼロポーと 2014-09-18 19562200000.png

入居者によろこばれ、20年間の安定収入

ガレージ・モータープール用
 駐車場、ガレージ経営で100%の入居率を長期間確保するのはなかなか難しいのではないでしょうか。仮、高い入居率であってもそれ以上の収益は望めません。太陽光発電ガレージにすることにより、限られた土地の面積で新しく発電による安定した固定収入が、20年間確保できます。また、屋根付きのガレージになったことで入居者にもよろこばれます。

家賃収入+発電収入

EV車用充電スポットへの転用に期待

アパートや、マンション、駐車場に最適です。
家賃収入、発電収入に加えて、将来的には充電スポットとしての転用が期待できます。もちろん変更の工事費用とは掛かってきますが、その頃には発電システムの償却は完了しているでしょう。
発電システムはそのまま利用すれば導入コストも抑えて、新しく「充電スポットビジネス」をスタートできます。

家賃収入+発電収入+充電スポット収入

家電.gif

非常用の電源の確保!

万一の災害時で停電になってしまった場合でも太陽光発電システムの自立運転機能により電気を使うことができます。
太陽光発電システムが発電している間であれば、自立運転に切り替えることによりパワーコンディショナ1台につき最大1,500ワットの電力を使用することができます。テレビやラジオ、パソコンでの情報確認や、携帯電話やスマートフォンの充電はもちろん、電気ポットや電子レンジ、インバータ内蔵の冷蔵庫であれば使用可能です。また発電中の電力を蓄電システムにためておいて、夜間に使用することもできます。

節税効果(グリーン投資減税)がある!

「特別償却」または「税額控除」が利用できます。

①中小企業者に限り、設備取得価額の7%相当額の税額控除
②法人又は個人を対象に、普通償却に加えて取得額の30%相当額を限度と
 して償却できる特別償却
③法人又は個人を対象に、取得価額の全額を償却(100%償却、即時償却)
 できる特別償却

※買取制度の認定を受けた10kW以上の設備が対象
※所定の要件を満たせば、上記のうちいずれかの措置を受けることができます。
※詳しくは、所管の税務署にご相談ください。

photo_00240.jpg

どれくらいの広さが必要?

テニスコート1面.jpg

テニスコート1面(約260㎡)のスペースがあれば

傾斜屋根の場合で30KW、陸屋根の場合で20KWが設置可能です。

設置に必要なおよその面積 
システム容量 必要枚数 傾斜屋根 陸屋根・地上設置
10KW 52枚
70㎡
93㎡
20KW 104枚 168㎡ 224㎡
30KW 154枚 252㎡ 336㎡
40KW 206枚 336㎡ 448㎡
50KW 256枚 420㎡ 560㎡

※シャープ製モジュールND-195ACで算出 ※メンテナンススペースは含まれます。※設置周囲のスペースは含みません。※陸屋根・地上設置は太陽電池アレイの間隔を加味しています。

30KWシステムでの売電収入20年間合計で約2,150万円

10KWシステムで約716万円。50KWですと約3,580万円にも

設置に必要なおよその面積 
システム容量 年間予想発電量 買取単価 年間売電金額 20年間合計
10KW 11,197kwh 32円
(消費税別)

20年間固定

358,304円
7,166,080円 
20KW 22,395kwh 716,640円 14,332,800円 
30KW 3,3592kwh 1,074,944円 21,498,800円 
40KW 44,790kwh 1,433,280円 28,665,600円 
50KW 55,988kwh 1,791,616円 35,832,320円 

※年間予想発電量はNEDO全国日射関連データマップの日射量データ(1981年から2009年までの平均)を用いて算出しております。
※シャープ製モジュールND-195AC単結晶バックコンタクトセル、方位南、傾斜角30°で算出しています。 ※パワーコンディショナによるそ損失5%素子温度上昇による損失(12月〜3月8%)(4〜5月、10〜1月12%)(6〜9月16%)その他の損失5%を含む数値です。